脱毛コラム

スケートボードと女児

子どもの脱毛は危険?メリット・デメリットと安全な脱毛方法を解説

最近は子どもも脱毛するようになったというけれど、具体的にはいつからが妥当なの?
デメリットやリスクはないの?
うちの子どもはどうすれば良いんだろう?

こんな悩みを持っていませんか?

この記事では、現代の子どもの脱毛事情について解説しています。

いつ、どこで、どんな方法でムダ毛処理をするのがベストなのか、これを読めばすべてわかるでしょう

近年、子どもの脱毛はどんどん低年齢化してきています。危なくないの?大人になってからムダ毛が再生することは?と心配しているママさんも多いのではないでしょうか。

子どものムダ毛や脱毛に悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。 

※2024年5月時点の情報です。
※キャンペーン等は予告なく変更する場合があります。
※当サイトの記事には一部アフィリエイト広告を使用しています。

 

子どもの脱毛はいつから?

まずは、子どもの脱毛を始めるベストなタイミングを追及していきましょう。現代では、何歳くらいから脱毛を始めるケースが多いのでしょうか?

早ければ小学生

結論からいうと、子どもの脱毛は早ければ小学生の高学年ごろから始めるケースが増えてきたようです。

10歳を過ぎると少しずつ周りの目を意識し始め、同年代の女の子と自分を比べたり、見た目を気にするようになったりという女子が多いですね。

また、母親の目から見て「うちの子ちょっと毛深い?」という心配が出てくるころでもあります 😥 

毛深いことをからかわれて、それがイジメにつながったら……という不安も。

ムダ毛がなくなることで心配ごとが少しでも減るなら、思い切って脱毛してしまおう!という気持ちで脱毛を始める人が多いようです。

子どもの脱毛が低年齢化している理由

脱毛に限らず、子ども(特に女子)が見た目を気にするようになる年齢はどんどん低年齢化しています。

体型や肌、髪型、服装……etc.

SNSで日常の風景を投稿しあったり、メイクをして女の子同士で出かけたりといった、「大人の生活」を子どもが手に入れることにより、見た目が大事という意識が強くなってきているんですね。

本格的に脱毛を始めるまではいかなくても、カミソリで腕や脚のムダ毛を処理したり、低刺激の除毛クリームを使ったりといった「自宅でこっそり派」は、かなり多いのかもしれません。

子ども自身が、見た目が悪いより良い方が生活が楽しいということを学ぶ機会が多い時代ですよね。脱毛もその1つで、ムダ毛=オシャレじゃないという認識が広まっているようです。

中学・高校生になると男子の脱毛願望も

公園でランニングをする人

中学生・高校生になると、ヒザ下やワキのムダ毛をなくしたいと思う男子も増えています。

きっかけは、運動系の部活が多いようです。

腕を上げたときに見えるワキの毛や、ハーフパンツをはいたときに目立つ脚の毛を恥ずかしく感じてしまうんですね。

現在はメンズ脱毛サロンも増えていますが、中高生男子の脱毛方法は、シェービングや脱毛クリーム・ワックス系がほとんどです。

親子で脱毛するケースも

娘を背負う外国人女性

母親が脱毛サロンに通っていて、エステティシャンに子どものムダ毛事情を相談し、それがきっかけで子どもも一緒に脱毛を始めるというケースも増えてきています。

親自身が若いと「脱毛をすることが当たり前」という考え方もあり、意外と抵抗なく子どもも脱毛を始められるようですね。

また、脱毛を始めてムダ毛が減り、サロン通いが充実しているのでぜひ子どももアイコンキラキラということもあります。

子どもの脱毛にデメリットはある?

続いて、子どもの脱毛にデメリットはないのかを調べてみました。これから脱毛を始める予定の人は、要チェックです!

痛みや肌荒れ

まず考えられることは、施術時の痛み

脱毛方法にもよりますが、多くの場合、脱毛は痛みをともないます。

大人でも、施術時の痛みを我慢しながら通う人がいるくらいですから、子どもにとってはなおさら、デメリットが大きいといえるでしょう。

また、まだ肌がデリケートな子どもにとっては皮膚トラブルのリスクも考えられます。

痛みだけではなく、ヒリヒリした感覚が続いたり赤みや跡が残ってしまったり……。

さまざまなケースが考えられるので、脱毛の前には「どの方法で脱毛をするか」をしっかり考えましょう。

痛みがともなう脱毛を続けるのは、子どもには困難です!脱毛をするなら、痛くない方法を選んであげたいですね。

乾燥肌体質になる可能性

女性の腕

脱毛は、肌の乾燥を招くリスクも大きいといわれています。

光脱毛や医療レーザー脱毛など、特殊な光を当てて脱毛する方法は、肌の成分を奪ってしまいます。

脱毛サロンやクリニックに通っている間に、いつの間にか乾燥肌になってしまったという女性も…

脱毛を始めたら、お肌の保湿も同時に始めなければなりません。

脱毛と保湿は2つで1セットになっていると考えた方が良いですよ。

年齢にもよりますが、子どもが自主的に毎日の保湿ケアを続けていくのは、つい忘れてしまったり面倒になってしまったりと、挫折する可能性も高いです。親がしっかりと、スキンケアの意識を持ってあげましょう。

子ども自身が神経質になってしまうことも…

木にもたれてうつむく女の子

脱毛をしているうちに、子どもが自分のムダ毛に対して過剰に敏感になってしまうこともあります。

体型を気にするあまり、充分に食事をとれなくなってしまうのと、同じような現象ですね。

脱毛の経過に一喜一憂せず、長い目で見て「ちょっと贅沢なスキンケアをしている」程度の気持ちでいるのが一番です顔 にっこり

そもそも脱毛には時間がかかりますから、せっかく始めたのに全然変わらない!という焦りは持たないように、親がそばでフォローしてあげたいですね。

脱毛をはじめる年齢が早すぎるとムダ毛が再生してしまう

バツ印の札を持つ白衣の人物

10代になると、男女ともにホルモンバランスの変化が表れます。

そのため、男の子も女の子も、ホルモンのバランスによってムダ毛が濃くなる脱毛したはずの体毛が再生してしまうなどのケースが考えられます。

子どもの脱毛を受け付けている脱毛サロンでは、年齢制限を15歳以上としたり生理が安定してからというルールにしているところが多いようです。

子ども脱毛の方法

子どもの脱毛には、大きく分けて3つの方法があります。

おすすめは脱毛サロン

結論からいうと、子どもの脱毛におすすめなのは脱毛サロンです。

なぜなら、近年では脱毛サロン人気の高まりとともに高機能脱毛機が続々開発され、痛みや肌負担が少ない機械が増えているからです。

<脱毛サロンのメリットとデメリット>

肌に優しい脱毛機がある
プロのエステティシャンにお任せできる
価格がリーズナブル
×脱毛完了までに短くても1年半かかる

時間はかかりますが、デメリットとリスクを避ける脱毛方法としては、脱毛サロンが一番といえるでしょう。

 「キッズ脱毛」「ジュニア脱毛」というプランがある脱毛サロンでも、実際には痛みがあったり肌への刺激が大きかったりというケースもあります。脱毛サロンのプランや価格だけではなく、本当に子どもの肌に適した脱毛機なのかをチェックしてくださいね。

医療脱毛はリスクが高い

医療レーザー脱毛は、まず子どもの脱毛を受け入れていないことがほとんど。

大人にとっても肌リスクの高い方法で、痛みも脱毛サロンとは比べものになりませんから、子どもNGなのは当然です。

もちろん、すべての医療脱毛クリニックではなく、一部では中学生以上可としているところもあります。

ですが、肌への影響や決して安くはない価格のことを考慮すると、10代の子供に医療脱毛はハードルが高いので、あまりおすすめできません。

<医療レーザー脱毛のメリットとデメリット>

専門医がいるので安心できる
×肌への刺激が強い
×価格が高い
×精神的な負担が大きい

医療脱毛はデメリットの方が多いので、わざわざ子ども脱毛OKのクリニックを探して行くくらいなら、別の脱毛方法を選んだ方が良いですよ顔 にっこり

おうち脱毛は継続できるかが勝負

脱毛サロンや医療脱毛クリニックに通わず、家でセルフ脱毛を考えている人も多いでしょう。

ですが、おうち脱毛にも大きな落とし穴が……

それは継続が困難であるということ。

年齢にもよりますが、シェービングのやり方を教えて見守ったり、家庭用脱毛器やワックスを実際に使ったりするのは、おそらく母親の役目になりますよね。

仕事・家事・子供の学校や習い事などのこまごました用事、それらに加えて、定期的にきっちりと子供の脱毛を続けることが、果たしてできるでしょうか…

<おうち脱毛のメリットとデメリット>

道具があればすぐに脱毛を始められる
誰にも知られずに脱毛ができる
×定期的に使い続けなければならない
×セッティングや後片付けが面倒
×ムダ毛や肌の状態を把握するのが難しい

 美容家電は、続けることができずにガラクタになってしまうケースがかなり多いものです。ましてや、自分自身のお手入れではなく子どもの脱毛。子ども自身も、学校や塾や習い事で忙しい中で、親子そろってモチベーションを維持するのは相当難しいといえるでしょう。

子どもにおすすめの脱毛サロン3選

子どもの脱毛におすすめの脱毛サロンを紹介します。

3歳からOK!痛みゼロの脱毛ができるDione(ディオーネ)

出典:Dione PRサイト
ディオーネの脱毛は、脱毛機の光の温度が37℃前後と低温で安全。SHR脱毛より痛みがないので、ディオーネでは3歳から脱毛を受け付けています。

子どもの脱毛には保護者の送り迎え必須ですが、店舗によってはお手入れ中のお出かけOKとしているところもあるので、サロン通いの付き添いも苦になりません。

ディオーネには子ども対象のキッズプランがあり、大人よりも格段に安い値段で脱毛を受けられます。

10歳からのキッズ割があるストラッシュ

ストラッシュ出典:ストラッシュPRサイト
SHR脱毛サロンとしていちはやく有名になったストラッシュは、10歳から脱毛を受け付けています。

契約プランにより、最大30%OFFになる「キッズ割」キャンペーンもアイコンキラキラ

親子で契約すると、どちらもお得になる特典もあります。

パワーは強いのに痛くない脱毛ができるLACOCO(ラココ)

La coco(ラココ)出典:ラココPRサイト

ラココは、肌に優しいSHR脱毛ができる脱毛サロンです。

体温より少し高い温度(約40℃~)の熱なので、お風呂に入っている感じ顔と考えると想像しやすいのではないでしょうか?

子どものムダ毛は、色素が薄くて細い毛が多く、脱毛機の光を充分に吸収することが難しいといわれますが、ラココは「ルミクス-A9x」というパワーが強いマシンを使用しているため、子どもの脱毛にも最適です。

まとめ

子どもの脱毛は、早い子では小学生から始まります。

ムダ毛をコンプレックスに感じて自信をなくしてしまったり、薄着を嫌がったり、同級生や友達にからかわれたりといったことがあるくらいなら、脱毛をして心身共に健康で楽しく過ごした方が絶対に良いですからね。

脱毛にはいろいろな方法がありますが、おすすめはやっぱり脱毛サロン。

肌に負担のない安全な脱毛サロンで、子どもの望みをかなえてあげてくださいね。

関連記事

  1. 部分脱毛と全身脱毛お得なのはどっち?脱毛料金やメリットデメリットを解説…

  2. 脱毛を反対する親の心理と対処法5つ|反対の理由がわかれば説得できる!

  3. 右腕で顔を覆う女性

    VIO脱毛が痛い理由と対処法|痛みが少ない脱毛サロンと医療脱毛も紹介

  4. 女性の後ろ姿とカラフルなハテナマーク

    医療脱毛の効果がわかる回数目安|5回では効果ない?レーザーの種類も解説…

  5. スマホを覗き込む笑顔の女性ふたり

    【2024最新】全身脱毛におすすめの医療脱毛9選|値段や時間を比較検証…

  6. 電卓をたたく女性の指

    脱毛契約をクーリングオフする方法まとめ|書き方・期限・注意点を解説

PAGE TOP

脱毛コラム

ルミクス脱毛の効果を特徴・口コミ・回数から検証!効果ないの噂は本当?

ルミクスA9

脱毛コラム

【2024年5月】脱毛サロンと医療脱毛のキャンペーン一覧|注意点も解説

紙とペンとスマホ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。