脱毛コラム

メリットとデメリットの文字、ペン

脱毛サロンのメリットとデメリットを解説|「メリットしかない」は間違い?

脱毛サロンで脱毛をするメリットは何?
全身脱毛と部分脱毛はどっちのメリットが多い?
脱毛サロンと医療脱毛のメリットデメリットは?

このような疑問を持っていませんか?

この記事では、脱毛サロンで脱毛をするメリットについて詳しく解説しています。

最後まで読むことで、脱毛のメリットデメリットがわかり、今後の脱毛方法を選ぶ参考になりますよ。

全身脱毛、部分脱毛、医療脱毛のメリットデメリットも紹介しているので、ぜひ最後まで読み進めてくださいね。

※2024年6月時点の情報です。
※料金は税込みで表記しています。
※キャンペーンは予告なく変更する場合があります。
※当サイトの記事には一部アフィリエイト広告を使用しています。

 

脱毛サロンで脱毛をするメリット7つ

MERITと書かれたカード

脱毛サロンで脱毛をするメリットは、全部で7つ。順番に解説していきます。

自己処理をしなくて良くなる

脱毛サロンで脱毛をすると自己処理の頻度がどんどん減り、最後には自己処理をしなくて良くなります。

ムダ毛の自己処理は、実は意外に時間とお金を消費するもの。

キリのない自己処理をずっと続けていくよりも脱毛サロンで集中的に脱毛をしてしまうほうが、メリットが大きいといえるでしょう。

手が届かない部位の脱毛ができる

脱毛サロンで脱毛をするメリットのひとつに、手が届かない部位の脱毛ができることがあげられます。

背中やデリケートゾーン(とくにIOライン)は自己処理が難しく、キレイにお手入れしているつもりでも、部分的に毛が残ってしまっていることも……顔 泣く

そんなのを彼氏に見られたら、ちょっと幻滅されてしまいますよね。

プロのエステティシャンに任せられる

脱毛サロンで脱毛をすると、エステティシャンにお手入れを丸投げできるというメリットがあります。

施術してくれるのはプロのスタッフなので、自分はベッドに寝転がっているだけでOK!

自己処理をするよりキレイに仕上がるのも、脱毛サロンのメリットです。

肌がキレイになる

肌がキレイになるのも脱毛のメリットのひとつ。

脱毛サロンでは、機械を使った施術だけではなく、美容成分が含まれたジェルやクリームで保湿ケアをしてくれます。

サロンクオリティのコスメによるスキンケアは、自己処理をするよりもずっとキレイに肌を生まれ変わらせてくれるでしょうアイコンキラキラ

清潔感が生まれる

脱毛をすると清潔感が生まれます。

半袖からはみ出すワキ毛や、人目に触れやすい手足のムダ毛は、美意識を低く見せてしまうだけではなく、不潔というイメージを持たれやすいです。

ムダ毛のないキレイな肌は同時に清潔感があり、男性からも女性からも好印象。自分にとっても、メリットしかないですよね。

おしゃれが楽しくなる

脱毛サロンで脱毛を始め、少しずつムダ毛が減ってくると、おしゃれをするのが楽しくなります。

これまで着られなかった服を着たり、化粧ノリが良くなってメイクが楽しくなったり、女性にとってのメリットがたくさんあります。

下着や水着なども、好きなデザインのものを選べるようになりますよ。

自分に自信が持てるようになる

脱毛をして、これまで気になっていたムダ毛がなくなることで、自分に自信が持てるようにもなるでしょう。

肌がキレイになるからだけではなく、キレイになるための努力をしたというのも自信につながりますよね。

ムダ毛がなくなるだけが脱毛のメリットではありません。自分自身が変われることこそが、大きなメリットなんですよ

脱毛サロンで脱毛をするデメリット5つ

DEMERITと書かれたカード

脱毛サロンで脱毛をするデメリットを、5つに分けて解説します。

お金がかかる

脱毛サロンで脱毛をするデメリットとして、まず金銭的なことを思い浮かべる人も多いでしょう。

脱毛サロンで脱毛をすると、全身脱毛6回コースで13万円前後の出費になります。

分割払いにすると諸費用が加算されるサロンも多く、長年返済を続けなければならないケースも……

しかし、一生終わらない自己処理を続けていくことを考えると、数年で終わる脱毛のほうがコスパは良いかもしれません。

まとまった時間を確保する必要がある

脱毛サロンで脱毛をするには、まとまった時間を確保しなければなりません。

なぜなら、サロンでの脱毛は、移動時間・受付・準備・施術・身支度・次回予約などを1回の来店ですべておこなうからです。

仕事や家事育児が忙しい人にとっては、時間の確保が大きな負担となってしまうでしょう。

長期的に通わなければならない

脱毛サロンで脱毛を受ける場合、一定期間通い続けなければなりません。

なぜなら、脱毛サロンで受けられる光脱毛は、1回で効果を感じるのは難しく、定期的に繰り返し施術を受ける必要があるからです。

脱毛方式により、6回コースが6カ月で終わるサロンもあれば1年以上かかるサロンもあります。

痛みをともなう場合がある

脱毛サロンでの脱毛は、痛みをともなう場合があります注意

なぜなら、脱毛に使用する機械の光は、その熱エネルギーで皮膚下の発毛組織にダメージを与える仕組みだからです。

細胞を弱らせるパワーを持つ光の温度は高く、施術による痛みは避けようのないデメリットといえるかもしれません。

日焼け対策や保湿ケアが必須

脱毛サロンで脱毛をする際、絶対に必要なのが日焼け対策保湿ケアです。

なぜなら、肌の色が濃いとヤケドのリスクがあるため施術を受けられず、肌が乾燥していると毛が抜けづらくなるからです。

また、日焼けや乾燥は痛みを感じやすくなるというデメリットもあります。

6カ月~1年以上もずっと日焼け対策と保湿を徹底するのは、人によっては面倒と感じてしまうこともあるでしょう。

全身脱毛と部分脱毛のメリットデメリット

MeritとDemeritの文字

全身脱毛と部分脱毛のメリットデメリットを、それぞれ紹介します。

全身脱毛のメリットデメリット

全身脱毛のメリットとデメリットは、おもに以下のとおりです。

まる印のアイコンコスパが良い
まる印のアイコンパーツ選択に悩まず全身まとめてお手入れできる
まる印のアイコン全体の仕上がりがキレイ

ばつ印アイコン単価が高い
ばつ印アイコンお手入れ時間が長い

全身脱毛は、なんといっても全身まとめてお手入れできるのがメリット。

脱毛している部分としていない部分の境目がなく、すみずみまでお手入れできるので仕上がりがキレイです。

お金はかかりますが、部分脱毛を繰り返すよりだんぜんコスパが良く、長い目で見ると全身脱毛のほうがメリットが大きいと考えられるでしょう。

部分脱毛のメリットデメリット

部分脱毛のメリットとデメリットは、おもに以下のとおりです。

まる印のアイコン単価が低い
まる印のアイコン回数を自由に決められることが多い
まる印のアイコンお手入れ時間が短い

ばつ印アイコン脱毛した部位としていない部位の差が出る
ばつ印アイコン他の部位も脱毛したくなる可能性がある
ばつ印アイコンコスパは良くない

部分脱毛のメリットは、安い値段でムダ毛が気になる部位だけをお手入れできるところです。

初めての脱毛には全身脱毛より部分脱毛を選ぶ人が多く、精神的にもハードルが低いと考えられます。

一方、脱毛完了した後に、脱毛していない部位のムダ毛が気になって追加の施術をしたくなり、総額が高くなってしまうことがあります。

脱毛サロンと医療脱毛のメリットデメリット

メリット・デメリットの文字が書かれた2枚の付箋メモ

脱毛サロンと医療脱毛のメリットデメリットを、それぞれ紹介します。

脱毛サロンのメリットデメリット

脱毛サロンのメリットとデメリットは、おもに以下のとおりです。

まる印のアイコン1回あたりの料金が安い
まる印のアイコン店舗数が多く通いやすい
まる印のアイコン痛みや肌トラブルのリスクが低い
まる印のアイコン精神的なハードルが低い

ばつ印アイコン脱毛効果が弱い
ばつ印アイコン回数が多く必要
ばつ印アイコン施術担当が有資格者ではない

脱毛サロンで脱毛をするメリットは、医療脱毛と比べて値段が安く気軽に行きやすいことです。

現在では、親子や友達同士でサロン通いをする人も少なくないですよね。

一方、医療脱毛と比べると脱毛効果がやや弱く、ツルツルになるまで回数を多く必要とするところがデメリットといえるでしょう。

医療脱毛のメリットデメリット

医療脱毛のメリットとデメリットは、おもに以下のとおりです。

まる印のアイコン高い脱毛効果に期待ができる
まる印のアイコン少ない回数で脱毛が終わる
まる印のアイコン医師・看護師が在籍している

ばつ印アイコン痛みが強く肌トラブルリスクがある
ばつ印アイコン1回あたりの料金が高い
ばつ印アイコン支院数が少なく通いづらい

医療脱毛は、さまざまな脱毛方法の中でもっとも脱毛効果が高い方法かもしれません。

医療用レーザーを使った「治療」なので、施術を担当するのは有資格者となります。

しかし、自由診療の美容クリニックに通うというのは、初めての人には精神的なハードルが高いと感じられる面もあります。

脱毛サロンに比べて数が少ないため、住んでいる地域に安い医療脱毛クリニックがないというケースもあるでしょう。

脱毛サロンのデメリットを減らす方法

黒板に描かれた電球マークと丸印

脱毛サロンのデメリットを減らし、メリットしかない状態にする方法はあるのでしょうか?選び方のコツを4つに分けて解説します。

料金相場より安いサロンを探す

脱毛サロンのデメリットのひとつである、金銭的な問題を解決するには、行ってみたい脱毛サロンのコース料金が相場に対して高いか安いかを調べるのが良いでしょう。

全身脱毛の場合、6回コースの平均価格は144,566円です(全身脱毛の回数コースがある大手脱毛サロンの料金で計算)。

安ければ安いほど良いというわけではありませんが、相場に対する料金を比較するのは、デメリットを避けるひとつの対策になります。

脱毛施術が速いサロンを選ぶ

まとまった時間がないと通えないという脱毛サロンのデメリットは、施術時間が短いサロンを選ぶという対策で回避することができます。

全身脱毛の場合、施術そのものに1時間かかるとすると、前後の準備や身支度などを含めてサロン滞在時間が1時間半ほどになります。

入店から退店まで1時間程度で済ませたいなら、全身脱毛30~40分で終わる脱毛サロンがおすすめです。

間隔を空けずに通えるサロンを選ぶ

間隔を空けずにコンスタントに通える脱毛サロンを選べば、長期間通わなければならないデメリットも解消できるでしょう。

1カ月に1回ペースで通える脱毛サロンなら、6回コースが半年で終わります。

1カ月おきなら美容室と同じで負担にもならず、むしろ習慣として定着させることができるのではないでしょうか。

脱毛方式を基準にサロンを比較する

脱毛サロンを選ぶ際、名前やイメージより脱毛方式を重視することで、痛みや乾燥などのリスクを軽減できます。

痛みや熱を感じづらい脱毛方式、早い段階でムダ毛の変化を感じられる脱毛方式など、光脱毛にもさまざまな種類があります。

自分に合う脱毛方式を採用しているサロンを選べば、その分ストレスも少なく、脱毛のメリットだけを感じられるでしょう。

まとめ

脱毛には、さまざまなメリットがあります。

さすがに「メリットしかない」とはいいきれませんが、デメリットよりメリットのほうが大きいのは間違いありません。

自己処理に比べて、トータルでは安上がりになることもあり得ます。

メリットとデメリットを天秤にかけ、もしメリットのほうが重くなるようなら、まずは気になる脱毛サロンのカウンセリングを受けてみましょう。

この先ずっと自己処理を続けるより、脱毛サロンで全身まるごとキレイになったほうが、きっと楽しい時間が長くなりますよ!

関連記事

  1. 目を閉じて耳を塞ぐ女性

    脱毛といえば勧誘!サロンやクリニックの強引な勧誘の確実な断り方8つ

  2. 脱毛を反対する親の心理と対処法5つ|反対の理由がわかれば説得できる!

  3. 赤いクッションをかかえた女性の身体

    生理中に脱毛はできるorできない?生理前後の最適な脱毛タイミングも解説…

  4. スケートボードと女児

    子どもの脱毛は危険?メリット・デメリットと安全な脱毛方法を解説

  5. 母親と娘

    脱毛を始める年齢はいくつ?脱毛サロン・医療脱毛の平均年齢や年齢制限を紹…

  6. 頭に人差し指を当てて手鏡を見る女性

    ほくろの脱毛が可能な脱毛方式は3種類!ほくろOKの脱毛サロン4社を紹介…

PAGE TOP

脱毛コラム

ルミクス脱毛の効果を特徴・口コミ・回数から検証!効果ないの噂は本当?

ルミクスA9

脱毛コラム

【2024年6月】脱毛サロンと医療脱毛のキャンペーン一覧|注意点も解説

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。